造形教育を
もりあげる会

2019年 月例会

2019年 1月月例会

1月26日(土)に1月の月例会を行いました。
場所: かながわ県民活動サポートセンター
参加者:6名
内容: 1.「第63回研究大会」の提案者について
小学校(横浜3校 藤沢1校)
中学校(鎌倉1校)  
保育園(2園)
幼稚園(1園)
学童 (1校)  が現在決定しています。
(さらに各校種交渉中です)
2.「造形体験タイム」の講師について
継続を依頼する講師と新たにお願いする講師について

2019年3月 月例会

3月30日(土)に3月の月例会を行いました。
場所:かながわ県民活動サポートセンター
参加者:5名
内容:第63回研究大会にむけて
〇提案者者について
 提案者の確認・確定を行い、チラシの作成に入れるようにする。
〇研究大会協力者の確認
 協力者の4月以降の所属を確認する。
〇造形体験タイム講師の確認



次回月例会は、4月27日(土)15:00~
       かながわ県民活動サポートセンター にて

今年度の月例会の予定

 7/20(第63回研究大会) 8/24 8/31 9/1(宿泊研修)
 9/28 10/26 11/23(金) 12/24

2019年 4月月例会

4月27日(土)に4月の月例会を行いました。
場所:かながわ県民活動サポートセンター
参加者:8名
内容:第63回研究大会にむけて
〇研究大会案内チラシ決定
〇「造形教育をもりあげる会憲章」の修正案確定

※提案者の平山雄大さんの実践報告
 大会で提案する「地域の民話表現から生まれた多世代交流~コミュニテー・スペース「北坂戸ぽんわか」でした。平山さんは埼玉県で学童保育指導員をしています。北坂戸に残っている民話を元に地図を作ったりその地図を元に探検したり、そこから得たものから絵を描いたり物語を作ったりする実践でした。そこには地域の大人の方々との双方向の学びが生まれていました。今までにない発想で多くの人に見てほしい実践だと思いました。実践を聞いた会員も多くの刺激を受けていました。


   

2019年 12月月例会

アトリエ創造の泉にて
吉崎先生の「アトリエ創造の泉」をお借りして、たくさんの作品に囲まれたアットホームな雰囲気の中で月例会を行いました。
9名の参加でした。

月例会の話題
・前回の月例会での話の確認
・次回大会の分科会は12分科会とし、提案者を早めに決定していく
・1月月例会の日程と話し合う内容の確認
〇広報担当・宮川による「もりあげる会HPの考え方と活用」に関する研修
・実際に各自のスマホを使用して、HP画面を開きながら使い方を覚えた
・掲示板にそれぞれが書き込む体験をした

月例会終了後、菊名駅近くの中華料理店にて忘年会を行いました

問い合わせ

”集うがつくる”
1957年、藤沢市片瀬「向洋荘」での第1回造形教育研究大会を皮切りに、60年以上も続く造形教育の研究会。幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校・大学等、神奈川県の造形教育にかかわる仲間や造形活動に携わる同志により築き上げてきた研究会です。

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP